方案紹介

聯迪信息は長年にわたり蓄積してきた情報化分野の業務ノウハウやプロジェクト経験に基づき、電力関連の点検、配置、開発戦略、マーケティング、物資など諸部門の電力事業ユーザに向け、専門的な情報化技術を提供しています。業務の特徴を詳しく理解する上に、豊富で多くの専門分野にわたるクロスプラットフォーム開発経験を元に、電力企業向けの発電、送電、変電、配電、電力消費を含めた各分野のITサービスを提供しています。

設備の生産管理

設備のライフサイクル管理を中心に、電網の生産安全を確保します。また、設備管理や稼動管理を元に、送・変・配電設備や電力供給の信頼性を向上することを目指して、送・変・配電を含めた安全生産管理業務を実施しています。稼動、点検、技術改善、技術監査、省エネルギー、電力設備保護管理などの業務モジュールを含め、基礎データに対して、定期的な統計と分析データの自動生成を図ります。

1、設備の資産管理:電網全体に対して、統一的な管理を行い、主要設備と付属設備の管理台帳をそれぞれ作成し、その中に、台帳管理と図形管理などの内容も含みます。
2、作業タスク配置:作業計画書や停電計画に対して管理を行います。作業計画書に従って、停電計画を立てて、停電計画の配置と起票を行います。
3、設備の稼動/保守管理:設備の稼動と保守に対して、点検作業を行います。設備監査、障害管理、作業計画、両票管理、点検テスト記録などを含みます。

設備状態の検査及び評価実例
稼動/保守の総合管理制御

電網稼動/保守関連の業務データを統一的なモデル、また異なった頻度で収集し、細かな業務整理を通じて、業務間のデータマッピングを行い、各業務との関連を実現します。統計して分析してきた指標をもっと直接的で効率的に各管理者に公表できます。稼動/保守関連の業務は大まかに建設送電管理制御、変電管理制御、配電管理制御、技術改善管理制御という四つのモジュールに分けられます。

1、送電管理制御:送電設備の基礎データ、重要通路の監視情報及び関連稼動データに対して、統計や公表を行い、端末における各設備の稼動情報や早期警戒情報をフィードバックします。
2、変電管理制御:変電設備の基礎データ、関連稼動データに対して、統計や公表を行い、端末における各設備の稼動情報や早期警戒情報をフィードバックします。
3、配電管理制御:配電網の中電圧設備、低電圧設備に対して、総合分析を行います。また、配電網の監査、操作、工程検収状況、設計図の保守、作業票などの情報に対して、総合分析を行うとともに、配電網の早期警戒メッセージプッシュ機能も提供できます。
4、技術改善管理制御:既存PMSシステムの技術改善モジュールを元に、ERPシステム、設計プラットホームなどの関連データも利用して、技術改善段階のプロジェクトの進捗状況を公表します。

電気エネルギー品質のオンライン監視測定

電気エネルギー品質オンライン監視測定システムは電網の電気エネルギー品質をリアルタイムに監視することができ、「汚染源」を即時に発見することで、汚染を防ぐためのよりよい対策が立てられます。また、監視データを即時に公表する上に、電気エネルギーの品質指標に対して評価を行います。地図の機能も有して、電気エネルギー品質に関する全面的な情報を公表することができます。当システムは電気エネルギー品質が電力工業中の推進にも、社会経済の発展にも、重要な意義を有します。

電気エネルギー品質オンライン監視測定システムはデータを即時に公表することができて、電気エネルギーの品質指標に対して分析を行う上に、地図の機能も有して、電気エネルギー品質に関する全面的な情報を展示することができます。

配電網故障のオンライン監視

配電網故障のオンライン監視システムを通じて、配電網のトリッピング事故情報、修理申請、修理記録などをリアルタイムに取得することができます。専門的な分析と判断によって、故障タイプ、故障分布、負荷との関連、季節との関連などの統計データを取得し、これから、配電網の建設、改善と設備点検などの参照になります。

当システムは多元情報に基づく配電網故障知能判断方法によって、ファジーマッチング規則を創建し、回線の故障点検、主変圧器故障、母線故障などに対して、知能分析を行います。また、配電網トリッピング故障分析、停電分析、故障分析、工程向上などの環節に対して、配電網全過程稼動状態の分析体系を整えます。配置自動化システム(EMS/SCADA)、故障修理システム(PMS/TCM)によるさまざまなデータを利用して、ビッグデータの配電網稼動状態の動態評価システムを開発して、客観的で、正確に配電網稼動状態を評価することができます。。
1、修理現場と指揮センターはテレビ電話で、現場への監視とオンライン立ち会い診査を行います。
2、モバイル端末にて、作業計画書、写真、音声ファイル、映像ファイルなどの現場の生データを収集し、現場の状況を全面的にフィードバックします。
3、数多くのデータを統合して、指揮センターの配置方案を作成するのに根拠を提供します。

電力消費及び需要側管理

各種類ユーザの電力消費情報を収集し、社会経済指数とも合わせて、さまざまな消費情報分析アルゴリズムを編集して、業界電力消費動向、電力消費量と負荷予測、住民生活用電力消費分析、電力消費量影響モデル、経済関連分析など異なった角度から電力消費情報に対して、分析評価を行います。当システムは大中型専用変圧器ユーザ、低電圧商工業者ユーザ、住民ユーザと公用配電変圧器評価測定点など六つの収集対象に向け、電力消費量負荷、電気エネルギー、電気エネルギー品質、作業状況、事件記録など各種類の電気エネルギーデータを収集します。

インタラクティブな体制の設立を通して、ユーザの適切な電力消費を導くことを図ります。それとともに、ユーザもサービス申請を提出して、電気供給モードを改善することができます。

電気エネルギーグリーン管理プラットホーム

電気エネルギーグリーン管理プラットホームは電源側から配電網両側に至るまで、省エネルギーに関する全面的な監視測定と評価を行う上に、その評価結果を政府、電気エネルギー生産企業、民衆にも共有します。当プラットホームには、環境保護オンライン監視測定、配電網に接入する発電所の技術監査、石炭消費のオンライン監視測定分析、セット性能のオンライン監視分析という四つの監視測定・監査システムと一つのグリーン評価体制が含みます。

例えば、太陽熱発電検査は一つのプラットホームですべての光起電力発電所をコントロールすることで、光起電力発電所の統一的な管理を図ります。それと同時に、発電所の基本情報、発電エクスポート、電力品質などの関連データを監視し、光起電力発電所の稼動状況を全面的に把握することができます。

光パワーの測定:太陽電池アレイの公称電力は光電変換効率、太陽電池アレイの面積、放射照度及び大気の温度と関係があります。湿度、雲量、気圧などの気象要素は主な影響要素と見られています。当システムには、太陽電池の基本モデルと光電変換効率モデルを設置することで、光電変換効率を影響する公式を取得しました。合理的な経験パラメータを選び、放射照度予想値を入力して、当公式にて光パワー測定を行うことができます。