方案のご紹介

都市交通の各種交通情報を集め、都市交通運行監視とアラーム、応急指揮と協和連携、補助策定サポート、公衆情報サービス、ビデオ画像管理及び全面運用管理など含んだ総合業務プラットフォームを製造し、プラットフォーム間の各業務モジュールの融合と浸透を通じて、政府向けの科学策定サポート、企業向けの全面運営管理サービス、公衆向けの交通総合情報サービスを提供します。

システム全体像イメージ

システムは一つの手配センターから五つの総合業務プラットフォームを動かして、プラットフォームの間は一つのデータ資源センターを通じて資源の共有を実現して、そしていくつかの業務システムにアクセスまたはサポートすることができます。このような多元的なモジュール化のシステムインテグレーション方案は、コスト圧縮できるだけでなく、モジュールがはっきりして、機能アップグレードが便利になり、後期システムのメンテナンスに役立ちます。

高速道路のスマート手配

システムは、先進的な通信とビッグデータマイニング技術を採用し、高速道路の有料、ビデオ監視、緊急指揮、行政事務と通信システムの融合を通じて、高速無線通信、車路協同、地域路網協同管理、旅行情報サービスなどのスマートアプリケーションを展開して、ルネット管理、車路共同、旅行情報サービスをスマート化し、高速業者に管理効率と経済効果を最大化に向上させることを助けます。

橋梁総合管理

システムは新型の伝感技術を応用して、橋の肝心な部位の構造変形、環境の温度分布などの複数のパラメータをリアルタイムに監視します。また、様々な環境、荷重などの要因による構造的な反応をリアルタイムに警戒し、橋の養護管理のために有効な科学的根拠を提供し、橋の全体管を著しく向上させることができます。それによって、橋の安全な運営を最大限に確保し、橋の病害事前に診断し、橋の使用寿命の延長することが可能になります。

トンネル総合管理

システムは、各トンネルの管理要素と防災メンテナンス手段を融合させ、GISとBIM情報技術に基づいて、車両情報を収集する監視カメラを設置し、イベント検出器、制御センサを設置して、交通事件の発生をタイムリーに取得し、制御センサを通じてタイムリーに制御装置を起動し、モデル定義技術に基づいて予案処理を実施します。それによって被害を有効にコントロールし、損失を最大限に減らすことができます。

港の総合管理

システムは、港の様々な資源を融合させ、広く共有させ、「港資源1枚図」を作成します。同時に、港区内の危険な化学品企業とその関連施設の設備の状況を正確に位置付け、全港可視化情報システムを建設します。AIS技術を結合して船舶の動態と静的情報を採集して、船舶の手配、作業管理、応急指揮の管理を実現して、水上の行政主管部門のリアルタイム監視と執法の効率を有効に向上させます。事故情報の通報、場所図形の脈絡、周辺現場の分析、応急救援の指揮に着いて、階層式な、連動が迅速的な、指揮が有効的な港総合管理プラットフォームを形成します。

船舶の航路、航速、位置、識別コードなどの動態と静的情報を採集し、船舶手配、作業管理、応急指揮の管理を実現し、水上の行政主管部門の船舶のリアルタイム監視と執行の効率を向上させます。同時に、船舶交通量、船舶の歴史軌跡などのアルゴリズムモデルによって、ビッグデータ技術サポートを提供し、水上交通企画の策定に根拠を提供します。