PMIS(Project Management Information System)とは?

PMISは当社が自主開発した、ウェブベースのプロジェクト管理情報システムの略称です。プロジェクト基礎データの設置と各工程データの収集・加工により、プロマネ達とプロジェクト間とのデータ共有が図れます。また、ワークフローの動きにより、開発関連指令をプロジェクト同士間に流して作業駆動が実現できます。

PMIS機能体系

以下は部分のモジュール機能を紹介します。

プロジェクト設定

当モジュールはプロジェクトの基礎データ設定に当たります。主に「基本情報設定」、「機能設定」、「体制設定」 など基礎的なデータが設定なお修正できます。

当システムはメンバーの所属組織、職位及び体制内役割などの情報に基づいて、セキュリティ規制、アクセス権限ルールによってメンバーのアクセス権限が制限されます。

業務日誌管理

当モジュールは開発者全員の詳細な作業状況を管理します。主に業務日誌の「登録」、「承認」、「検索」と「統計」などの機能があります。 

各タスク・機能毎の作業時間がP(計画)、D(設計・コーディング作業)、C(レビュー)、A(改修・指摘対応)、R(報連相)に区分して、業務日誌として登録します。登録が忘れた人には、システムから毎日催促のメールを発信します。上司は日誌の承認や却下するができますが、却下する場合は理由を入力して日報改正を促せます。なお、時間通りに承認しないと、システムからも催促されます。

工数データの分類集計には、異なる分析目的で相応的なグルーピング条件が設定でき、色々様々な作業時間の予実分析、タスク別の作業工数・品質管理工数の分析に役立ちます。

バグ追跡管理

当モジュールには、プロジェクト開発中に発見されたあらゆるバグ情報を起票から解決するまで追跡する機能をサポートします。テスト工程のバグ起票、レビュー中に発見されたバグや指摘及びデバッグ中に発見されたバグは、一元的に管理することができます。

バグが起票されたら、対応者宛に直ちに通知メールが届き、バグ処理が一番早いうち解決できるようになります。なお、バグ現象が記述不明または非バグと判明した場合、却下もできます。

当モジュールは、プロジェクト品質状況の管理分析に、機能別のバグ集計、発生原因別のバグ修正、発生工程対発見工程のバグ集計などの品質統計を提供しますが、バグ検出すべき工程の判定や原因究明など、より深い分析をしようとする場合、バグの生データをCSVファイルにエクスポートして、更に人工的な品質分析をするのに役に立ちます。

品質保証管理

当モジュールは、開発プロセス違反の欠陥処理の管理がサポートします。プロセス違反の指摘提出、追跡フローは、品質保証プロセスに従います。

指摘の対応優先度が高、中、低に分けられ、希望完了日を超過した後、催促するばかりではなく、催促回数制限に達するなら上長にも指摘通知を発信します。人為的作業による解決の遅滞を減少することを図ります。

なお、品質保証用の統計データもここから提供できます。

リスク課題管理

当モジュールは、会社範囲にリスク管理のノウハウを共有するために、リスクの識別、分析、監視機能を持っています。若手PMでも会社の知識ライブラリから、様々なリスク管理のノウハウを習得でき、プロジェクト管理を改善可能です。

リスク識別については、データの作成を「リスク標準データ」参照、「過去プロジェクトデータ」参照、「新規作成」など3つのパターンで提供します。リスク識別を容易にするだけではなく、登録の手間も省けます。

リスク評価や監視の分に、誰が、何をやったのか、リスク状態がどうなったのか、変化の跡を定期的に記録できます。なお、リスクが発生すると、即時に課題に転じて、課題管理の道に辿って解決するまで追跡することも便利です。