アジャイル(agile)とは

アジャイル開発とは、迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う軽量な開発手法群の総称です。そのなか、スクラム(scrum)は一種のアジャイルな開発プロセスのフレームワークであり、変化に対して柔軟に対応しつつ、定期的にリリース可能なソフトウェアを完成させる指針を与えます。

スクラム導入と成長マップ

聯迪信息は早くも2010年からスクラムの導入しはじめ、知識習得しながら実践に踏み込みます。一年間亘ってスクラムマスタを10名以上育成しました。そして、外部専門会社指導により本格的なスクラムプロジェクトを着手しました。成功なプロジェクトもあれば、失敗なケースもあります。オフショー実施の特別課題として実践中に反省し、CMML-L5のスクラムガイドラインとして教科書に記載されない知識も探究できました。案件成功を第一に、聯迪信息はいつも最適な進め方を柔軟的に選択でき、お客様に最善のサービスを提供いたします。

QCD管理特徴比較

伝統的なウォーターフォール方式と比べ、スクラムはいくつかの利点があります。独立した価値ある小さな機能ごとに完全にテストされたものをリリースすることによって、たとえ一つの機能が誤っても、他の機能へのインパクトを極小化することができます。問題があっても早めに発見し、即時に解決できます。活発的なPO(Product Owner)交流によりプロジェクト計画を動的に即時に調整できて、その依存度もウォーターフォール方式より極めて削減されます。

ReadyとDoneの定義
実績&強み

聯迪信息はスクラムを導入してから6年間、多くの業務分野においておよそ30件以上の案件を実施しました。そのなか、3人の小さいチームもあれば、180人の巨大なチームもあります。お客様から何回も高い評価を受けました。聯迪信息は自身の強みを活かし、引き続きお客様に高価値のサービスを提供していきます。