ADSP(Agile Data Services Platform) とは?

ADSPとは、データグリッド技術に基づいて、ビッグデータサービスを提供するクラウドプラットフォームです。各種類、各地域のデータソースから、データを洗い出して、整合するサービスを提供します。

事例:某TOP500企業向けグローバルERP

グローバルに百以上の子会社・工場が持つ大手企業です。データが各地域のERPシステムに散在し、各ITシステムが統合されていなく、経営战略や方策の決定に役に立っていないため、ADSPを導入しました。

ADSPは北米、南米、ヨーロッパ、アセアンに、Hadoop Data Lake + AWS S3を使って、四つのデータセンターを作り、WANベースの分散式データ格納と計算エンジンで、ビッグデータを管理します。データ量はおよそ700TB以上あるが、データ抽出スピードは従来の1.5~2倍になり、データ分析性能ははるかに30倍以上になりました。

ADSP特徴

1、多種類のデータ格納、計算方式のアーキテクチャを対応でき、利用シナリオとニーズに合う最適なデータ格納と計算ノードを構築することが可能です。
2、超大規模のデータ処理は超高速に処理できます。
3、IoTシステムに対して、ストリーミングデータ分析機能を持ちます。
4、豊富なオープンソース製品と、自社製ツール集を提供します。
自社製ツール集:データ管理ツール、データ品質評価ツール、データモデリング補助ツール、データ権限管理ツール、グリッドリソース管理ツール、データ計算管理ツール、データストリーム管理サービスなどなど